SankeiBiz for mobile

ウクライナ暫定政権 東部で大規模軍事作戦開始

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

ウクライナ暫定政権 東部で大規模軍事作戦開始

更新

ウクライナ・ドネツク州スラビャンスク  ウクライナ軍は5月2日、親ロシア派武装勢力が治安機関の施設などを占拠する東部ドネツク州スラビャンスク近郊で、強制排除に向けた大規模な軍事作戦を開始した。軍のヘリコプター1機が撃墜され、インタファクス通信によると少なくとも兵士1人が死亡した。戦闘で武装勢力側にも死傷者が出ているもようだ。ロシアは声明で、暴力の自制などを求めた4月のジュネーブ合意の「最後の希望」が絶たれたとしており、軍事的緊張が高まる恐れもある。

 軍事作戦は2日早朝に始まった。暫定政権によると、ウクライナ軍はスラビャンスク近郊のクラマトルスクなどで武装集団が設置した検問所9カ所を奪還した。上空を旋回していた軍のヘリ3機のうち、1機が地対空ミサイルにより撃墜された。

 ロシア通信によると、クラマトルスクの付近には軍の装甲車15台が配備されているが、地域住民が包囲して移動できない。内務省は住民らに外出しないよう呼びかけているが、武装勢力は一般住民の家屋に潜伏するなどしており、攻撃できない状況にあるという。

 スラビャンスクを拠点とする武装勢力は、欧州安保協力機構(OSCE)の監視団メンバーを「ウクライナ(暫定政権)のスパイがいる」との理由で拘束し、治安部隊要員も「捕虜」などとして身柄を押さえていた。

 ウクライナ内務省は武装勢力の指導者について、モスクワ出身のロシア人で2月下旬にモスクワから南部クリミアへ渡航、集団を組織してスラビャンスクに移動してきたとしている。

 ウクライナ暫定政権のオレクサンドル・トゥルチノフ大統領代行(50)は1日、徴兵制復活の命令に署名した。「現実的、潜在的な脅威」への対処を理由に挙げており、ウクライナ軍の早急な補強を図るとしている。

 ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は2日、軍事作戦を展開する暫定政権を非難するとともに、OSCEの監視団の解放に向け、スラビャンスクに派遣した特使と連絡が取れなくなっていることを公表した。

 ≪無法状態のドネツク 一般企業や銀行や標的≫

 「キエフの政権は国家を略奪した」「もう我慢も限界。決起のときだ」-。親ロシア派勢力は5月1日、ウクライナ東部ドネツク州の州都ドネツク市内にある検察庁を襲撃し新たに占拠。実行部隊のメンバーは興奮状態でまくし立てた。時折起こる「ロシア」コール。覆面姿の若者は「検察官は中央政府の回し者。仲間を立件し、われわれの住民投票を妨害する存在だった」と主張した。ウクライナ最大の工業都市は無法状態と化しつつある。

 ドネツク州出身のビクトル・ヤヌコビッチ前大統領(63)から実権を奪った親欧米派の暫定政権に対抗するため、4月6日から東部一帯で始まった親露派勢力による庁舎などの占拠。暫定政権側が強制排除に向けて軍を投入して以降、暴力的な色彩が濃くなっている。

 親露派勢力は相次いで警察施設を襲い、自衛のための武器を手にし始めた。社会の治安維持機能がまひする中で、一般企業や銀行なども標的となり、親欧米派議員の撲殺事件やウクライナ第2の都市、ハリコフ市長の暗殺未遂も起きた。

 検察庁前で襲撃を見守っていたという会社員、ビターリ・ツィングルさん(29)は「われわれは、暫定政権側が名づける『テロリスト』でも『分離主義者』でもない。あいつらも首都キエフの政府庁舎を占拠して、政権を乗っ取ったではないか」と声を荒げた。

 ドネツクはウクライナ最大の工業都市。ソ連時代から石炭、鉄鋼業などで栄え、この地区で得られる税収入は、国家全体を支えてきた。住民らによれば、検察庁の占拠は失業者や生活困窮者らが中心になって行われ、安定した収入のある中・高所得者層は遠巻きにして見守っていたという。

 しかし、スラビャンスクなどウクライナ東部で強硬制圧を進めようとする暫定政権側への反発機運が、中・高所得者層にも広がり始めている状況だ。親露派勢力はウクライナからの分離独立も視野に、住民投票実施を11日に計画している。

 一方の暫定政権は25日に大統領選を全土で行う構えだが、現状では東部での実施は不可能だ。(ドネツク 佐々木正明/SANKEI EXPRESS

ランキング