SankeiBiz for mobile

【清水直行のベースボール・ライフ in NZ】球場建設の夢、北海道で再確認

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSのスポーツ

【清水直行のベースボール・ライフ in NZ】球場建設の夢、北海道で再確認

更新

北海道夕張郡栗山町にある「栗の樹ファーム球場」を視察に訪れ、自分もニュージーランドに球場を作りたいという夢を新たにした筆者=2014年7月12日(本人提供)  天然芝の心地よさ

 緑に囲まれた大地の自然の中に「フィールド・オブ・ドリームス」はあった。7月12日、北海道中央部に位置する栗山町に足を運んだ。人口わずか1万3000人ほどの小さな街。そこには、名字が同じという縁で結ばれた日本ハムの栗山英樹監督が現役引退後に作った少年野球用の「栗の樹ファーム球場」がある。栗山さんがスポーツキャスターだったころ、米映画「フィールド・オブ・ドリームス」の撮影が行われた球場を訪れ、そのときの感動に駆られて作ったまさに夢の球場だ。

 ここを訪れたのには理由がある。いつの日か、私もニュージーランドに野球専用のスタジアムを造りたいと思っている。私の現役時代にキャスターとして何度も取材をしてもらったことで親交がある栗山さんが、一から作ったという球場をこの目で見てみたいと思ったのだ。栗山さんに関係者を通じてお願いをすると、「ぜひ、見てみればいい」と快諾してくれた。

 少年野球向けということもあって、それほど大きくはないが、内外野には美しい緑の天然芝が敷き詰められていた。斜面を削って平らにした場所に内野が設けられている。左翼側は坂道のような形状で、フェンスを設けなくても打球が自然と止まるようになっていた。一方で、右翼側は崖のようになっていてボールが飛びすぎれば、あきらめるしかなさそうだ。ゆっくりとフィールドを歩くと、天然芝のいい臭いが漂ってきて、心地よかった。

 気軽に楽しむために

 球場にはログハウスが隣接している。建物の中をのぞくと、栗山さんがキャスター時代に収集したとみられる“お宝グッズ”が所狭しと飾られていた。米大リーグで活躍するイチローさんをはじめ、日米の名プレーヤーのバットやユニホーム、サインボール…。その数はおよそ20点にも上る。貸し出し用のグローブもあり、訪れた観光客らが球場で気軽にキャッチボールを楽しめるようになっていた。

 想像を膨らませてみた。ニュージーランドにいざ球場を建設するとなると、課題は無限にありそうだ。まずは、建設費をどう集めるか。1人の力では不可能だ。日本の野球ファンの中に賛同してくれる人たちがどれくらいいるだろうか。企業はスポンサーになってくれるだろうか。

 資金に加え、場所をどう確保すればういいのだろうか。実際に完成したら、管理や維持をどうするか。考え出すと、頭が混乱してしまいそうになった。

 もちろん、簡単にできるとは思っていない。でも、いつの日か、ニュージーランドに球場ができて、日本のプロ野球チームがキャンプを行い、さらに国際試合が開催されればと、夢が膨らむ。

 驚きのプレゼント

 球場を訪れる前日、試合前の栗山監督にお礼のあいさつをするために日本ハムの本拠地・札幌ドームに顔を出した。

 すると、同級生で内野手の金子誠がベンチ裏で数本のバットを抱え、プレゼントしてくれた。バットはチームメートの稲葉篤紀(あつのり)、大引啓次(おおびき・けいじ)、中田翔(なかた・しょう)の3選手のもので、みんな日本ハムの中心選手たちだ。日本の野球ファンからすれば、こんなうらやましいことはない。「(ニュージーランド代表の)試合のときに、選手に使ってもらってほしい」。金子は笑いながらそう言った。

 11月上旬に台湾でU21のワールドカップが開催される。日本代表も出場するこの大会に、ニュージーランド代表も遠征する。私も初めてベンチに入る予定だ。金子はそのことを知って、サプライズを用意してくれていたのだ。

 ニュージーランドに行くと決めたとき、野球を通じて日本との架け橋になりたいと思った。現役時代はライバルでもあった仲間たちが、その活動に力を貸してくれる。胸が熱くなった。

 現場の強化から球場建設という壮大なプロジェクトの実現まで、ニュージーランドでやるべきことは山積だ。いきなり大きなことはできない。地道にコツコツと時間をかけて、できることから取り組んでいく。北海道でのかけがえのない時間によって、初心を再確認することができた。(ニュージーランド野球連盟 清水直行/SANKEI EXPRESS

 ■しみず・なおゆき 1975年11月24日生まれ、38歳。京都市出身。東芝府中を経て、99年千葉ロッテ入団。2002年から5年連続2桁勝利を挙げるなどエースとして活躍し05年の日本一に貢献した。10年から横浜DeNA。通算105勝。アテネ五輪、第1回ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表。今年からニュージーランド野球連盟のゼネラルマネジャー補佐兼代表統括コーチを務める。

ランキング