“ミニスカCA”スカイマークの仰天戦略は「下品」? 海外にも飛び火 (1/4ページ)

2014.2.10 11:25

期間・路線限定で登場するスカイマークの〝ミニスカCA〟。国内外で早くも話題沸騰となっている。

期間・路線限定で登場するスカイマークの〝ミニスカCA〟。国内外で早くも話題沸騰となっている。【拡大】

  • フランス南西部、トゥールーズのエアバス本社で昨年12月、4月から投入するエアバスA330のモデルを手にする西久保慎一社長(中央)と、〝ミニスカCA〟たち
  • スカイマークが昨年12月にフランスのエアバス本社で公開したエアバスA330の1号機。スカイマークの西久保慎一社長(右)と、エアバス・ジャパンのステファン・ジヌー社長がゆったりした座席「グリーンシート」を披露した。
  • 慌ただしく折り返しフライトの準備に入るスカイマークの旅客機=茨城県小美玉市の茨城空港

 中堅航空会社のスカイマークが“きわどい”作戦をぶち上げた。4月にエアバスの大型旅客機「A330」を導入するのに合わせ、路線・期間限定で客室乗務員(CA)の制服をミニスカートにする。この“ミニスカCA”をめぐっては、「乗りたい」「下品だ」などと賛否両論が国内外で噴出。だがマーケットは好感したのか、スカイマーク株は上昇した。格安航空会社(LCC)の台頭で、関西国際空港から撤退するなど存在感が薄れつつあるスカイマーク。ミニスカでひとまず話題づくりには成功したが、果たして利用者増にはつなげられるだろうか。

 膝上15センチ以上!

 スカイマークのミニスカCAは昨年12月、仏トゥールーズのエアバス本社工場で、A330とともにお披露目された。新しい制服は、スカイマークのコーポレートカラーであるスカイブルーを基調にしたシンプルなワンピースだが、驚くべきはその丈の短さだった。個人差はあるが、膝上はおおむね15センチ以上ありそうで、詰めかけた報道陣の度肝を抜いた。

 同じスカイブルーの帽子と黄色を中心とするスカーフと合わせ、「若さを強調した」(スカイマークの西久保慎一社長)。着用するのは20代のCAが中心になる予定という。スカイマークはこれまで、「コスト削減のため」として平成21年4月にCAらの制服を廃止しポロシャツ着用にしており、大きな“方針転換”だ。

ミニスカCAは路線、期間限定

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。