ペンタックス、100万円デジカメ人気 生産追いつかず2カ月待ち (1/2ページ)

2014.7.4 06:34

 消費税増税で家電製品などの販売減が懸念される中、100万円もするカメラが約2カ月の入荷待ちという人気になっている。リコーイメージングの中判デジタル一眼レフカメラ「ペンタックス 645Z」。従来なかった画質や性能がプロカメラマンや愛好家らに支持されている。

 中判カメラは35ミリフィルムのカメラより一回り大きく、プロや写真館の撮影で使われる。645Zはそのデジタル版で、約5140万画素の超高精細画像が売り。オートフォーカスなどの機能も向上させた。

 想定価格はボディーが約80万円、レンズは約10万円で、税込みだと約100万円もするが、予約注文は世界で約1500台(国内約700台)に上った。月産400台のため、6月27日の発売以降も「供給が追いつかず、店頭に展示する商品がない状況」という。

300万円以上する製品も

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。