祟りが怖い? 大手町の「将門の首塚」避け再開発 三井物産本社ビル

2014.12.12 00:04

 三井物産と三井不動産は11日、東京・大手町の三井物産本社ビルなど3棟の再開発計画「大手町1丁目2地区計画」の概要を発表した。延べ床面積36万1000平方メートルのオフィスビル2棟を建設するが、敷地の一角にある「将門の首塚」は計画に含めない。

 首塚は、平安時代の武将、平将門の首が飛んできた場所とされ、東京都指定の文化財となっている。首塚に手を加えようとすると、たたりがあると言い伝えられている。再開発は平成28年7月に着工し、オフィスビルは31年度中に竣工(しゅんこう)する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。