「丸亀製麺」のトリドール、世界トップ10の勝算 売上高6倍、ゼンショー超え狙う (1/4ページ)

2015.7.7 06:36

トリドールが6月に買収したアジアン・ファストフード店「ウォクトゥウォーク」(トリドール提供)

トリドールが6月に買収したアジアン・ファストフード店「ウォクトゥウォーク」(トリドール提供)【拡大】

  • 国内外食最大手の座を狙うトリドールの粟田貴也社長

 讃岐うどん店チェーン「丸亀製麺」を運営するトリドールが、「世界上場外食企業トップ10入り」の称号獲得という野望に向けて、国内外の市場で大攻勢をかけている。10年後には売上高を約6倍に拡大、国内最大手で世界6位のゼンショーホールディングス(HD)を追い抜くという青写真を描く。積極的な買収や出店攻勢で年率20~30%という急成長を目指す創業者の粟田貴也社長の胸には、どんな勝算が秘められているのか。

 ケニアに出店

 「大風呂敷を広げ過ぎて(投資家に)迷惑をかけてはいけない」

 トリドールの粟田社長は5月の決算会見で、2014年度に872億円だった連結売上高を2025年度に5000億円に引き上げる計画をぶち上げた。現在に比べ4000億円以上かさ上げしなければならないため、実現性を問う声も出たが、粟田社長の発言は強気一辺倒だった。

 ただ、この目標の実現に必要な年率2、3割という高い増収率の確保は容易ではなく、直近の14年度は11.4%にとどまる。国内既存店の増収率が頭打ちになっているためだ。

「2桁成長がごろごろしている」(粟田社長)という海外市場

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。