ソニー、8年ぶり営業益2000億円超 好調だった画像センサーに“変調” (1/2ページ)

2016.1.30 07:40

2015年4~12月期決算を発表するソニーの吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)=29日、東京都港区の本社

2015年4~12月期決算を発表するソニーの吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)=29日、東京都港区の本社【拡大】

 ソニーが29日発表した2015年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比0.1%増の6兆2816億円、営業利益が2.3倍の3870億円、最終損益が2361億円の黒字(前年同期は191億円の赤字)だった。

 10~12月期で営業利益が2000億円を超えるのは8年ぶり。16年3月期業績予想は据え置いた。ただスマートフォンのカメラなどに使われ、好調が続いてきた画像センサーの需要に“変調”がみられ、先行きに不安を残した。

 営業損益では、前年同期に不振だったスマホ事業の赤字が大幅に縮小したほか、据え置き型ゲーム機「プレイステーション4」の世界販売が好調だったゲーム事業では5割を超える増益を確保。エレクトロニクス(電機)の多くの事業で業績が改善し、全体を押し上げた。

一方で、画像センサーなどのデバイス事業の営業利益は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。