アミンファーマ研究所 脳梗塞マーカーで健康経営支え (1/2ページ)

2016.2.1 05:00

手軽に脳梗塞の発症リスクを調べられるアミンファーマ研究所の脳梗塞マーカー(同社提供)

手軽に脳梗塞の発症リスクを調べられるアミンファーマ研究所の脳梗塞マーカー(同社提供)【拡大】

 脳の血管が何らかの原因で詰まったり、血流が悪くなる脳梗塞。かつては50~60代以上の高齢者に多く見られた病気だが、最近は40歳以下の若い世代の発症も目立つという。脳梗塞は初期の段階では自覚症状がなく、いわば「かくれ脳梗塞」を事前に察知することが難しい。

 脳ドッグもあるが、検査費用が4万~5万円程度かかるうえ、拘束時間が長くなることを考えると二の足を踏みがちだ。千葉大学発のバイオベンチャー、アミンファーマ研究所が世界で初めて開発した脳梗塞マーカーは、そうしたかくれ脳梗塞の段階から早期の発見に役立つ診断ツールとして、注目されている。

 アミンファーマの脳梗塞マーカーは、血液検査だけで「自覚症状のないかくれ脳梗塞、脳梗塞のリスク」を85%の精度で検出できるのが特徴。血中に含まれる毒性の強い細胞傷害物質「アクロレイン」の量を測定して、「ローリスク(低値)」「境界値」「ハイリスク(高値)」の3段階で脳梗塞の発症リスクを評価する。検査結果は約2週間後に手元に届く仕組みだ。磁気共鳴画像装置(MRI)を使った画像検査のファーストスクリーニングとして利用が進んでおり、人間ドックや企業健保などで使われている。

 アミンファーマは、千葉大大学院薬学研究院の教授だった五十嵐一衛氏が2001年、細胞が破壊されたときに毒性の物質「アクロレイン」が産出されることを突き止めた。これを脳梗塞へ応用研究を進めることで、血中に含まれるアクロレインやその関連物質の量を調べれば、脳梗塞のリスクを検出することができると考えた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。