自動車ローン「金利0%」キャンペーンの動きも 販売の底上げに (1/2ページ)

2016.2.16 06:32

 日銀のマイナス金利政策を受けて、今後は新車を買う際のローン金利の低下も期待される。すでに「金利0%」キャンペーンの実施を決めている輸入車メーカーもあり、金利の引き下げが広がれば自動車販売の底上げにつながる可能性がある。

 仏プジョー・シトロエン・グループの日本法人は20日から3月21日まで、「プジョー」と「シトロエン」の両ブランドで、金利が0%になる期間限定キャンペーンを実施する。

 同社は「住宅ローン金利も下がっており、低金利をアピールして商談を増やしたい」と意気込む。期間中の契約なら、金利1%の場合と比べ、約250万円の車で月の支払いが1000円程度減るという。

 ホンダも現在、全国の販売店で最低1.9%からという低金利キャンペーンを実施中だ。

ホンダも低金利キャンペーンについて「販売戦略の一環としてやっている」と説明

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。