KFC、スタバでもちょい飲みできます ファストフード夜の売上アップに懸命

2016.3.25 22:12

 ファストフードなど外食チェーンの店舗内で、夕方から酒とつまみを販売する「ちょい飲み」のサービスが広がっている。日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が、東京・高田馬場でビールやワインなどの酒を楽しめる新型店を4月1日にオープン。コーヒーチェーン大手、スターバックスコーヒージャパンは東京・丸の内に食事や酒などを提供する新業態店を3月30日に開店する。

 日本KFCが展開する新業態店は、午後5時からアルコールを提供する。国内外から取りそろえた地ビールやワインのほか、サントリー酒類と共同開発したハイボール「カーネルハイ」(税込み460円)など約40種類の酒を用意。得意とする鶏肉を使った料理やサラダなど酒に合うメニューも取りそろえた。

 同社の能村耕司新規事業部長は「新業態店では、20~30代の若い女性を中心に顧客を取り込みたい」と意欲を示した。

 ファストフードは夜の来店客数が日中と比べて少なくなるだけに、「客数や売り上げの増加が見込める」(能村氏)と、ちょい飲みに期待をかけている。

 ちょい飲み店は、牛丼チェーン「吉野家」やラーメンチェーン「日高屋」が先行。低価格でお酒が楽しめるとあって、サラリーマンを中心に人気が高まっており今後、さらに拡大しそうだ。

 一方、酒の提供に静観の構えをみせる外食チェーンもある。その一つがファストフード最大手の日本マクドナルドホールディングス。同社は「アルコールの提供は、子供も来店する店舗のイメージにそぐわない」(コミュニケーション本部PR部)と説明している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。