【ビジネスのつぼ】好調スバル「インプレッサ」、相反する日米の市場ニーズをどう両立させたのか (1/4ページ)

2017.2.20 06:40

販売好調のインプレッサについて語る富士重工業の阿部一博氏
販売好調のインプレッサについて語る富士重工業の阿部一博氏【拡大】

  • インプレッサの日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して、記念式典が開かれた=1月27日、群馬県太田市の富士重工業群馬製作所
  • 国産車で初めて歩行者保護エアバッグを採用したインプレッサ
  • 富士重工業が半田工場内に新設した大型旅客機「777X」向け中央翼の工場=愛知県半田市

 ■安全と走り 日米の求める機能両立

 富士重工業が昨年10月に全面改良して発売した主力小型車「インプレッサ」の販売が好調だ。新開発のプラットフォーム(車台)を初採用し、衝突時に衝撃を吸収する力や安定性を高めて安心と走りの楽しさを追求。今年1月末までの約3カ月で国内受注は2万4427台に上り、月2500台の販売目標を大きく超える水準で推移している。成功に導いたのは、市場の要求に対する丁寧な聞き取り調査と、主力市場の米国と日本の求める機能を両立する工夫だった。

 世界販売を牽引

 「米国で絶対に成功するクルマにしろ。ただ、日本の顧客の需要もよく考慮すること」。吉永泰之社長は開発を始めた2013年、総括するスバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの阿部一博氏にこう注文した。

 同社の16年の世界販売は前年比3%増の101万2000台。うち米国は61万5000台と8年連続で過去最高を更新し、初の100万台突破を牽引(けんいん)した。吉永社長は「(現地で)安心・安全のイメージが浸透し、ブランド力が上がっている」と分析する。

 インプレッサにとっても、米国での成功は「大前提」(阿部氏)。競争力の源泉である安心・安全性能を高める新プラットフォームの採用は開発の柱だった。構成する車体やシャシーに高張力鋼板の採用を広げ、各部の剛性は1.7~2倍に強化した。追突しても従来モデルより1.4倍大きい衝撃エネルギーまで吸収して車内を守る。

米国市場を優先して車体を大きくすると…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。