過労自殺の電通で入社式 「厳しさ分かっている」新入社員が抱負

2017.4.3 11:54

電通本社ビルの外観=東京都港区(伴龍二撮影)
電通本社ビルの外観=東京都港区(伴龍二撮影)【拡大】

 新入社員の過労自殺が社会問題化した電通(東京都港区)でも入社式が行われた。式を前に取材に応じた20代の新入社員は「仕事のきつさや上下関係の厳しさは分かっている。早く一人前になりたい」とさばさばした表情で話した。過労死問題のイメージがついた企業で働くことに、周囲の人たちが心配していることも明かした。

 「大イベントに関わりたい」との希望を胸に、広告業界を志したという男性。学生時代のOB訪問を通じ、先輩社員から過酷な業務の実態についても聞かされてきた。

 昨年秋、過労自殺の問題が報道され、親や友人から「大丈夫か」と心配されたが、「厳しい指導は伝統的なもの。ある程度は覚悟している」と気にするそぶりはない。

 電通は働き方改革に取り組んでおり「さすがにあまりにもむちゃな要求はされないと思う」と予想する一方、不安よりも「仕事を覚えて一人前になりたいという気持ちの方が強い」と真剣な表情で言い切った。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。