【特報】新型「リーフ」、ひと足先に乗ってみた 新感覚のe-ペダル、やみつきに (1/3ページ)

日産の新型「リーフ」
日産の新型「リーフ」【拡大】

  • 日産新型「リーフ」のインテリア
  • 自動駐車機能「プロパイロットパーキング」のスイッチ
  • 日産新型「リーフ」のリヤコンビランプ
  • 日産の新型「リーフ」
  • 日産の新型「リーフ」

 軽快な走りは気持ちよく、アクセルペダル1本での加減速はやみつきに-。日産自動車が約8年ぶりに全面改良した電気自動車(EV)「リーフ」。世界でEV市場が急拡大する中、随所に先進技術を取り込んだ“先駆者”はどこまで飛躍したのか。10月2日の発売を前に、ひと足先に記者が乗り味を確かめてきた。どこよりも早くSankeiBizが特報する。

 ブレーキを踏まずに停止

 新型リーフをひと目見て感じたのはデザインの変化だ。2010年発売の初代は独特な丸みを帯びた外装だったが、新型は人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツを彷彿とさせる尖った鋭いデザインに見直されたためだ。

 日産のテストコース(栃木県)で早速、新型に乗り込んだ。クルマを始動させると、メーター部分が青く光り、いかにも電気で走るEVらしい印象。実際に走らせて見た。アクセルを踏み込むと、滑らかに動き出す反応の良さは、さすがにEV。 コースを道なりに進み、少しずつ速度を上げていくと、少し先に停止線が見えてきた。そこでアクセルを戻すと、ブレーキを踏んでもいないのに、ブレーキが、じわじわとかかっていくのが分かる。停止線の少し前で、アクセルを戻しきると、やや強めのブレーキがかかり、ブレーキペダルを踏むことなく停止した。

 これが目玉技術の一つである「e-ペダル」だ。アクセルの戻し加減でブレーキの強弱が変わるため、慣れるまでは、停止線前で止めてしまうこともあったが、数分もすると感触が分かってきて、止めたい場所にぴたりと止められるようになった。

加速性能も大幅に改善

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。