人気バイク、続々生産終了 排ガス規制強化、市場回復見込めず

 国内の排ガス規制が9月から強化され、ホンダやヤマハ発動機など二輪車メーカーで長く人気を誇ったバイクの生産終了が相次いだ。二輪車市場は年間販売台数が40万台を割り込み、ピーク時の約1割まで縮小を続けており、各社は電動化や安全性を高めた機種の開発に力を入れている。

 ホンダは1967年に発売した排気量50ccのミニバイク「モンキー」の生産を8月末で終了した。初代モデルから外観をほとんど変えず、幅広い世代から支持を得ていたが、排ガス規制をクリアするには製造コストがかかると判断した。今後は環境に配慮した電動ミニバイクの研究を進める。ヤマハは78年の発売からロングセラーとなっていた「SR400」など9機種の生産終了を発表した。SR400や「セロー250」などは後継モデルの開発を目指す一方、これまでバイクに乗ったことがない女性や若者を取り込むため、前輪が2つあり安定して走れる三輪バイク「TRICITY(トリシティ)」を売り込んでいる。

 川崎重工業もクラシックな外観でファンが多い「エストレヤ」や「W800」など5機種の生産を取りやめた。バイク好きを増やそうと、免許を持っていても乗るきっかけがない女性を対象に毎年イベントを開催。今年は11月に兵庫県明石市で運転技術を学べる教室も合わせて開く予定だ。