【スポーツbiz】2年目迎えたBリーグ、将来に向け「基礎固め」 健全経営へ正念場 (1/3ページ)

Bリーグの栃木-三河戦でドリブルする栃木の司令塔、田臥勇太選手=9月29日、宇都宮市体育館
Bリーグの栃木-三河戦でドリブルする栃木の司令塔、田臥勇太選手=9月29日、宇都宮市体育館【拡大】

 プロバスケットボールの「Bリーグ」2年目が始まった。

 昨年2つの国内リーグを統一してスタートしたBリーグ。今季は、将来に向けた基礎固めの年になるといっていい。

 36歳のレジェンド・田臥勇太選手擁する昨年の覇者、栃木ブレックスは、チャンピオンシップ4強の一角、シーホークス三河相手に1勝1敗。連覇に向けて、まずまずの滑り出しである。

 栃木は本拠地・ブレックスアリーナ宇都宮に開幕戦の9月29日が4012人、同30日には過去最多記録4058人を更新する4111人の観客を集めた。

 栃木は「いいモデル」

 Bリーグ初年度、1部リーグ(B1)の1試合平均観客動員数は2754人。5000人規模のアリーナをB1クラブに求めるBリーグにとって、「大成功とはいえないものの、ある程度の成果」(大河正明チェアマン)であった。

 1試合平均3356人の栃木は、千葉ジェッツの4501人に続く2位である。NBL時代の2015~16年シーズンは2601人、実に3割近く動員数を増やした。

 今、地元宇都宮では新たなアリーナ建設計画が進む。観客収容人員は1万人規模。そのステップとして、今季は、4000人の大台を目指したい。

 栃木は昨季、売上高もクラブ史上初となる10億円の大台を突破、10億2505万円を記録した。経常利益2389万円とともに過去最高である。

原動力に協賛企業群