東京五輪ナンバープレート交付開始

国交省の公用車に取り付けられた、2020年東京五輪・パラリンピックを記念したナンバープレート=10日午前、東京・霞が関
国交省の公用車に取り付けられた、2020年東京五輪・パラリンピックを記念したナンバープレート=10日午前、東京・霞が関【拡大】

 東京五輪ナンバープレート交付開始2020年東京五輪・パラリンピックを記念した図柄入りの自動車用ナンバープレートの交付が、全国の運輸支局などで10日から始まり、東京・霞が関の国土交通省では公用車への取り付け作業が公開された。

 プレートはカラフルな12色の線が中心に集まっていく図柄で、未来への希望を表す。交付対象は乗用車やバス、タクシー、トラックなど。9月4日からインターネットや自動車販売店を通じ、申請を受け付けていた。

 図柄入りプレートの交付料金は、東京の場合、普通車が7210円で、これに加え1台当たり1000円以上の寄付が必要となる。集まった寄付はバスやタクシーのバリアフリー化事業などに充てる。