ウーバーが狙う「空飛ぶタクシー」構想 “第2の革命”へ準備、23年にも事業化 (1/4ページ)

ウーバーが準備を進める「空飛ぶタクシー」で使用される離着陸「スカイポート」のイメージ(ウーバー提供)
ウーバーが準備を進める「空飛ぶタクシー」で使用される離着陸「スカイポート」のイメージ(ウーバー提供)【拡大】

  • 米ウーバーのシンポジウムで、「空飛ぶタクシー」の重要性を語るバーニー・ハーフォードCOO=8月30日、東京都港区
  • ウーバーが準備を進める「空飛ぶタクシー」で使用される機体のイメージ(ウーバー提供)

 新宿から横浜に、10分で到着-。ライドシェア(相乗り)サービスで世界の移動の在り方を大きく変えた米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、2023年にも“第2の革命”を起こそうと準備をしている。スマートフォンで手続きをして、気軽に主要都市間を飛行する「空飛ぶタクシー」構想だ。課題は多いが、そのインパクトは大きく、実現に向けた取り組みが注目される。

 現状の交通に限界

 「2次元のトランスポーテーション(交通)には限界がある。3次元に踏み出し革命的に変えたい。空に、迅速で安全な交通網が構築できる」

 8月末、ウーバーは同社が計画する空飛ぶタクシー「ウーバーエア」について説明するシンポジウムを東京都内で開催。バーニー・ハーフォード最高執行責任者(COO)は、その将来性の大きさを強調した。

 構想では、乗客は同社のライドシェアと同じようにスマホで“乗車”予約し、ビルの屋上などに設置する離着陸地点「スカイポート」に移動。複数の電動プロペラで飛ぶ「eVTOL(電動垂直離着陸車両)」で他の都市のスカイポートまで飛ぶ-というものだ。ここで例えに出したのが、新宿駅(東京都新宿区)上空から横浜スタジアム(横浜市)を結ぶルートだった。

続きを読む