インドネシアのAPP、自生種1万本植樹で自然林を再生 (1/3ページ)

汗を流して森林再生に向け植樹活動に力を入れる日本の一般ボランティア(長谷川周人撮影)
汗を流して森林再生に向け植樹活動に力を入れる日本の一般ボランティア(長谷川周人撮影)【拡大】

  • APPが管理する植林地(長谷川周人撮影)

 持続可能な循環型経営を軌道に

 自然林伐採ゼロを国際誓約したインドネシアの総合製紙メーカー、アジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループ(APP)が、自然林の保全・再生活動を着々と進めている。2014年に動き出した植樹プロジェクトは今回で4回目となり、8月7日に行われた植樹イベントには、日本全国から幅広くボランティアを集めた。世界最大級の生産能力を誇るグローバル企業として同社は、生態系の回復と持続可能な開発の両立を目指し、成果を重ねて地球規模の森林保護を呼びかけようとしている。(インドネシア・スマトラ島リアウ州 長谷川周人)

 日本人ボランティアも植樹に参加

 APPはインドネシア最大の総合製紙メーカーで、輸出先は150カ国・地域を超えて世界総収入は約1兆5000億円。その発展の過程でAPPは、「一貫して合法的な運営を行ってきた」と主張するが、自然林を原料の一部にしてきたことから、環境保護団体から「森林破壊に加担した」と厳しい批判を受けた。このためAPPは持続可能な開発には資源循環型経営への転換が不可避と判断。13年に自然林の保護を目的とした「森林保護方針」を発表。関連するサプライヤーを含め、自然林伐採を即時停止した。

 「9000年続く命の森を世界に発信していこう」(宮脇昭・横浜国立大学名誉教授)。経営の抜本改革に動くAPPの要請を受け、植物生態学の世界的権威の宮脇教授は、スマトラ島リアウ州で同社が管理する森林を調査。域内の自然林では「外来種ではない、土地本来の樹種を育てるべきだ」と呼びかけた。

自然林の育成は環境保全が目的

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。