天皇陛下譲位は2019年4月30日 皇室会議で決定、即位・改元は5月1日

皇室会議に臨む出席者。奥中央は議長の安倍晋三首相=1日午前、宮内庁(代表撮影)
皇室会議に臨む出席者。奥中央は議長の安倍晋三首相=1日午前、宮内庁(代表撮影)【拡大】

 天皇陛下の譲位の日程を決める皇室会議が1日午前、宮内庁で開かれ、2019年4月30日に譲位して、皇太子さまが5月1日に即位され改元することが決まった。政府は5日の閣議で結果を報告し、8日の閣議で譲位日を定める政令を決定する方針。天皇の譲位は、江戸後期の119代光格天皇(1771~1840年)以来、約200年ぶりとなる。

 皇室会議は議長を務める安倍晋三首相が招集し、衆参両院の正副議長や最高裁長官、皇族、宮内庁長官ら計10人で構成。現在、皇族議員は秋篠宮さまと常陸宮妃華子さまだが、秋篠宮さまは譲位に伴い、皇嗣となられる立場であることから、常陸宮さまが代わりに出席された。

 首相は会議終了後、官邸で記者団に「皇位継承に向け、大きく前進したことに深い感慨を覚える。退位(譲位)と即位が国民の祝福の中で、つつがなく行われるよう全力を尽くす」と強調。同様の談話も発表した。

 譲位後、陛下の称号は「上皇」、皇后陛下は「上皇后」となる。皇太子さまの即位により、皇位継承順位1位となる秋篠宮さまの呼称は「秋篠宮皇嗣殿下」となる。