【局アナnet】だるまとタコでハッピーになる 西村正行

2015.2.21 15:00

巨大だるまが迎える伝統の「神明市」(三原観光協会提供)

巨大だるまが迎える伝統の「神明市」(三原観光協会提供)【拡大】

  • だるま型遊具「ミハラッキー」(三原市役所提供)
  • 振れば音がする三原だるま振れば音がする三原だるま
  • 西村正行アナ

 広島県東部の三原市が「行くとハッピーになれる街、三原」として売り出し中です。柱は名物のだるまとタコ。だるまは縁起物、タコは足が8本で末広がりとハッピーつながりです。

 三原だるまは普通のだるまに比べて縦長い体型が特徴。振るとカラカラと音がし、「願いが成る」にかけて、砂や小石などの鳴り物が入っています。毎年2月に開かれるだるま市「神明市」の歴史は430年以上。大きさは日本一という高さ約4mの巨大だるまがお出迎え。だるま作りが体験できる工房、だるま型の巨大な遊具「ミハラッキー」も登場しました。だるまといえば、群馬・高崎が有名ですが、三原も負けていません。

 一方のタコ。足1本を丸ごと天ぷらにした「タコ天」などで親しまれ、三原駅の駅弁にも使われる名物。タコが描かれた絵馬やタコの置き物も作られています。英語の「オクトパス」から「置くとパス」、置くと合格する受験祈願の縁起物です。

 瀬戸内の風景はもちろん、冷やして食べるクリームパンといった魅力もあります。「ハッピーになれる街」を定着させ、2年後の三原城築城450年に合わせ、観光客を2013年の338万人から450万人に増やすのが目標です。

<プロフィル>

 にしむら・まさゆき 岩手朝日テレビ・長崎国際テレビ出身。防災士。報道デスク経験を生かし、原爆や広島の土砂災害取材を続ける。

 局アナnetはテレビ局やラジオ局に「局アナ」経験を持つアナウンサーのみが登録できる日本初の会員組織。転職支援やキャリアアップのコンサルティングサービスを行っています。関連サイト(http://lt-j.com/)では、関連動画がごらんになれます。

 ★通販サイト向けサービス「局アナnetリポート動画」(http://www.kyokuana.net/)をスタートしました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。