【局アナnet】新登場!「防災植物」は高知発 尾崎美樹

2015.9.19 15:00

尾崎美樹アナ

尾崎美樹アナ【拡大】

  • 身近な野草を万一の場合の食料に
  • 「防災植物」の一つ、カラスノエンドウ

 東西に長く、本州からの距離もある高知県。懸念される南海地震が発生した場合、いかに自活するかは大きな課題です。そんな中、被災した際は自分たちで食料調達できるように、と7月に発足したのが「日本防災植物協会」です。

 防災植物とは身近に自生し、調理や加工処理をすれば食べられる山野草のことで、シロツメクサ、カラスノエンドウ、エノコログサ(ネコじゃらし)など約40種類。同県四万十市の植物研究家の沢良木庄一さん(91)を中心にメンバーが知識の普及を図っています。

 最大のポイントは実体験。「その時」に尻込みしないように、実際に外に出てさまざまな野草を取り、毒性の見分け方や調理方法を学んで試食します。指導者で野菜ソムリエの斉藤香織さん(42)は「食は命をつなぐもの。被災時に不足しがちなビタミンの補給にもなる。簡単においしく調理する知恵や準備を知って欲しい」と話します。

 夏休みに開いた防災植物教室では0歳児から80歳のお年寄りまで参加。知らない人同士が協力し合いながら仲良くなり、共助のきっかけづくりの場にもなりました。「防災植物」の名称は商標登録され、教室は全国出張もします。高知発の新しい防災のかたちです。

<プロフィル>

 おざき・みき

 元高知放送アナ。子育てをしながらフリーで活動中。産業カウンセラーの資格を持ち、心に伝わる仕事を目指す!

 局アナnetはテレビ局やラジオ局に「局アナ」経験を持つアナウンサーのみが登録できる日本初の会員組織。転職支援やキャリアアップのコンサルティングサービスを行っています。関連サイト(http://lt-j.com/)では、関連動画がごらんになれます。

 ★通販サイト向けサービス「局アナnetリポート動画」(http://www.kyokuana.net/)をスタートしました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。