サイトマップ RSS

「あまちゃん」テーマ曲誕生秘話(2-2) 気心知れた仲間コラージュで作曲 (3/4ページ)

2014.2.17 19:20

取材に答える、休止バンド「チャンチキトルネエド」のメンバー、鈴木広志氏=2014(平成26)年(立教大学_有志記者、井上慶太郎撮影)

取材に答える、休止バンド「チャンチキトルネエド」のメンバー、鈴木広志氏=2014(平成26)年(立教大学_有志記者、井上慶太郎撮影)【拡大】

  • ステージに立つ、休止バンド「チャンチキトルネエド」のメンバー、大口俊輔氏=2014(平成26)年(立教大学_有志記者、井上慶太郎撮影)

 俺らは、大友さんを通じて初めて、バンドというかアンサンブルとして、役に立つことができると気がついた。あんなに、行き詰まって休止とか言っていたのに、何か新しい風を吹き込まれて、メンバーそれぞれの反応はお互いに、『この人こんな演奏するの?』みたいな感じで、すごく新鮮だった。これ以上、何も出てこないから、休止とか思っていたのに、出るわ、出るわ。もうやんなっちゃった。俺と鈴木くん、やっぱり仕切りの能力がなかったのかって、軽くへこんだ」

 ビシバシ言える信頼は継続

 ──チャンチキトルネエドについて思うことは

 大口俊輔氏「これまで続けてきたのは、(本田)祐也君がいなくなったことを受け入れる作業。2009年にCDを作ってからは区切りがついた気がした。それまで祐也君がいないとバンドじゃないって思っていたけど、受け入れてからは、(それぞれのメンバーが)音楽仲間として、お互い信頼できる人たちなんだなっていう仲間意識に気づいた。お互いの音楽に対して、ビシバシ言える仲間。今でも継続されているし、そのきっかけを残してくれたのは祐也君だった」

まだ何者かになれたとは思っていない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ