サイトマップ RSS

「あまちゃん」テーマ曲誕生秘話(2-2) 気心知れた仲間コラージュで作曲 (4/4ページ)

2014.2.17 19:20

取材に答える、休止バンド「チャンチキトルネエド」のメンバー、鈴木広志氏=2014(平成26)年(立教大学_有志記者、井上慶太郎撮影)

取材に答える、休止バンド「チャンチキトルネエド」のメンバー、鈴木広志氏=2014(平成26)年(立教大学_有志記者、井上慶太郎撮影)【拡大】

  • ステージに立つ、休止バンド「チャンチキトルネエド」のメンバー、大口俊輔氏=2014(平成26)年(立教大学_有志記者、井上慶太郎撮影)

 鈴木広志氏「紅白に出たのは、お祭り的には楽しかったし、チャンチキのメンバーも大好きだけど、まだ何者かになれたとは思っていない。今後の展開が楽しみ。本田がいたらどうしていただろうね」(今週のリポーター:立教大学 有志学生記者 井上慶太郎/SANKEI EXPRESS (動画))

 【編集後記】

 実は私の母は以前、(東京都)調布市つつじヶ丘で行われた初期のチャンチキトルネエドの演奏を聴いたことがあるらしい。その時、本田祐也さんは、自分の曲のことを「街行く人を元気づける曲です」と紹介したという。演奏者に対しては、元気づけるどころか、「限界を超えろ!」などと怒号の指導だったそうだ。初期メンバーの渡邊理恵さんが言うには、「女性には至って優しかった」とのこと。あまちゃんのオープニングテーマ曲を聴いて、「元気づけられる」と言う人が多い。

 本田さんが託したバトンが、つつじヶ丘のステージからたくさんの演奏者を経て、大友(良英)さんの背中にヒョイと飛び乗り、NHKを窓口にして全国へ届けられたように思えた。次は街を行く人が、それをどこかへ運んでくれるかもしれない。(立教大学 有志学生記者 井上慶太郎)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ