サイトマップ RSS

「STAP細胞 存在示す証拠なし」 第三者機関解析結果 共著者の若山教授が公表 (1/5ページ)

2014.6.17 08:50

 新型万能細胞とされる「STAP(スタップ)細胞」の論文共著者の若山照彦山梨大教授(47)は16日、理化学研究所の小保方晴子(おぼかた・はるこ)・研究ユニットリーダー(30)が作製したSTAP細胞から培養した細胞の解析結果を公表し、「細胞が存在することを示す証拠はなかった」と発表した。

 解析したのはSTAP細胞に増殖能力を持たせた幹細胞。若山氏が凍結保存していたものを第三者機関に依頼して解析した。小保方氏が論文で使った幹細胞8株は、紫外線を当てると光る緑色蛍光タンパク質(GFP)の遺伝子を18番目の染色体に組み込んだマウスを若山氏が小保方氏に渡し、作製を依頼していた。

 この幹細胞を解析した結果、8株の全てでGFP遺伝子は15番目の染色体に組み込まれており、若山氏が提供したマウス由来ではなく、論文の記述と矛盾することが明らかになった。

 また、別の幹細胞2株でも、若山氏が小保方氏に提供したものと異なる種類のマウスから作られたことが改めて確認されるなど、論文に使った全ての幹細胞に不自然な点が見つかった。理研も同様の解析を行い、同じ結果を得ている。

若山照彦山梨大教授「小保方氏に見せなさいとはいえなかった。反省している」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ