サイトマップ RSS

世界子どもの日 痩せた姿 課題が浮き彫りに (1/5ページ)

2015.11.17 10:30

元気なコンゴの子供たち=2015年9月2日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

元気なコンゴの子供たち=2015年9月2日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 水汲みに集まった子供たち。奥の大きなタンクに雨水を溜めている=2015年9月2日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 広いキャベツ畑。現金収入を得られるよう、栽培方法等をレクチャーしている=2015年9月2日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 広いキャベツ畑。現金収入を得られるよう、栽培方法等をレクチャーしている=2014年9月11日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 2014年に初めて事業地を訪問した際、披露した歓迎の踊り=2014年9月11日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの加藤奈保美(なおみ)さん(中央)=2015年9月4日、コンゴ民主共和国(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 11月20日は「世界子どもの日」(Universal Children’s Day)。1989年、子供の基本的人権を守ることを目指して、国連で「子どもの権利条約」が採択された日だ。私も3年前に母となり、わが子が生きる未来についてより一層考えるようになった。特に、仕事で訪れるアフリカ諸国の子供たちからは、「あなたには、まだできることがあるよ」と教えられ、励まされることが多々ある。

 育児休業から復帰して1年半。新しく担当した国の一つに、コンゴがある。この国の出生率は6.0(日本は1.4)。人口は増える一方で、10~24歳の若者の割合は33%と高い(日本は14%)。

 初めてコンゴの事業地を訪れた時のことだ。車を走らせていると突然、道端に横たわる一人の幼児が目に飛び込んできた。「まさか死んでいる?」あわてて車から降りて近寄った。2歳くらいだろうか、異様に痩せた男の子だった。

 幸い男の子は生きていた。しかし、家の鍵は閉まっており人の気配もない。近所の女性は、母親は日雇いで鉱山で働いており、5人の子供のうち上の4人は一緒に働いていること、生活のため毎日働かなくてはならないのに1日1~2ドルしか稼げないことなどを教えてくれた。

「果たして自分が何かをすることで変わるだろうか」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ