寝台特急「トワイライトエクスプレス」来春廃止 老朽化が原因 (1/2ページ)

2014.5.28 12:15

  • 平成27年春のダイヤ改正で廃止されることになったトワイライトエクスプレス=大阪市淀川区(大竹直樹撮影)
  • ①塩津山を越えてきたトワイライトエクスプレス。札幌からの長旅もあと一息(新疋田-近江塩津)
  • 平成27年春のダイヤ改正で廃止されることになったトワイライトエクスプレス=大阪市淀川区(大竹直樹撮影)
  • トワイライトエクスプレスのスイートルームは、車窓の大パノラマを楽しめるほか、シックな木目調の壁面に、大型液晶テレビや冷蔵庫なども設置されている=大阪市淀川区(大山文兄撮影)
  • 平成27年春のダイヤ改正で廃止されることになったトワイライトエクスプレス=大阪市淀川区(大竹直樹撮影)
  • 平成27年春のダイヤ改正で廃止されることになったトワイライトエクスプレス
  • 平成27年春のダイヤ改正で廃止されることになったトワイライトエクスプレス=28日、大阪市北区のJR大阪駅


平成27年春に姿を消すことになったトワイライトエクスプレス

平成27年春に姿を消すことになったトワイライトエクスプレス【拡大】

 大阪と札幌を結ぶ国内最長距離列車で、「走る豪華ホテル」とも呼ばれる人気寝台特急「トワイライトエクスプレス」が平成27年春に引退することになった。JR西日本が28日、明らかにした。客車の老朽化が原因という。今や“絶滅危惧種”となりつつある夜行列車が、また一つ姿を消す。

 トワイライトエクスプレスは週4往復の臨時列車で、大阪-札幌間1495・7キロを約22時間かけて走る。

 平成元年7月、寝台特急といえば「ブルートレイン」という概念を覆し、深緑に黄色の帯をまとった独自の塗色でデビュー。JR西と東日本、北海道各社が共同運行している。

製造から40年以上が経過した車両があるなど

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。