フィリピンに2カ所目のカジノリゾート 総額12億ドル、11月開業 (1/3ページ)

2014.10.9 05:00

 フィリピンで2カ所目となるカジノ付き統合リゾートが始動する。フィリピンのカジノ運営会社プレミアム・レジャーによると、同社がカジノ営業権を取得したマニラ湾沿岸地帯に建設中の「シティ・オブ・ドリームス」が11月中に開業する見通しだ。現地紙インクワイアラーなどが報じた。

 シティ・オブ・ドリームスは総額12億ドル(約1299億円)の大型プロジェクト。マカオのカジノ運営大手メルコ・エンターテインメントが開発を主導し、敷地面積6万2000平方メートルのなかにカジノ施設や家族連れを想定したアミューズメント施設、宿泊施設や会議施設を建設する。

 宿泊施設がホテル6棟、合計客室数は950室となる見込みで、このなかには米国で日本料理店を展開する松久信幸氏が監修する「ノブ・ホテル」(320室)も含まれる。

「年内には残り2割も完成にこぎつける見通しだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。