甘く見ていた…スカイマーク窮地 「違約金700億円」業界再編の可能性も (2/4ページ)

2014.8.17 17:04

スカイマークが6機を発注し、エアバスから売買契約の解除を通告された超大型旅客機「A380」(エアバス提供)

スカイマークが6機を発注し、エアバスから売買契約の解除を通告された超大型旅客機「A380」(エアバス提供)【拡大】

  • フランスのエアバス本社で、A380の模型を掲げるスカイマークの西久保慎一社長(中央)とエアバスの幹部ら。当時は蜜月だったが、いまは巨額の違約金の可能性も浮上している=2011年2月(共同)
  • 記者会見するスカイマークの西久保慎一社長=国交省

 こうした中、スカイマークは4月にエアバスと契約見直しの交渉を始めた。6機のうち2機は受け取り時期を遅らせ、残る4機は無期延期にするよう求めたものの交渉は難航。4月支払い分の前払い金8億円が未納になったこともあり、エアバスは7月、契約解除の通告を突きつけてきた。

 スカイマークがすでに前払い金として支払った約260億円は返金される見込みは薄いという。さらにエアバスに対し約700億円にも上る違約金を支払う義務が生じる可能性もある。スカイマークの西久保慎一社長は「常識を逸脱した法外な違約金」と反発する。

 国際線参入も計画見直し

 スカイマークがA380の導入を決めたのは、国際線に参入して競争力を高めるためだった。8年の創業以来、「旧態依然とした航空業界に価格競争を持ち込み、航空運賃の低価格化に貢献してきた」(西久保社長)と自負しながら、同時に「国内線一本ではじり貧になる」(関係者)との危機感があった。

 A380という話題性の高い機材による国際線の運航で、さらなる業容拡大につなげようと、23年にエアバスと契約。23年3月期の売上高は前期比40%増の580億円、最終利益は約2・4倍の63億円と、拡大を続けていた業績も計画を後押しした。

「反省している。環境変化があることに対して少し甘く見ていた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。