甘く見ていた…スカイマーク窮地 「違約金700億円」業界再編の可能性も (4/4ページ)

2014.8.17 17:04

スカイマークが6機を発注し、エアバスから売買契約の解除を通告された超大型旅客機「A380」(エアバス提供)

スカイマークが6機を発注し、エアバスから売買契約の解除を通告された超大型旅客機「A380」(エアバス提供)【拡大】

  • フランスのエアバス本社で、A380の模型を掲げるスカイマークの西久保慎一社長(中央)とエアバスの幹部ら。当時は蜜月だったが、いまは巨額の違約金の可能性も浮上している=2011年2月(共同)
  • 記者会見するスカイマークの西久保慎一社長=国交省

 スカイマークは経営立て直しに向け、米子-札幌や茨城-中部といった不採算路線の休止を検討。これまで無借金経営を掲げていたが、金融機関からの借り入れも模索している。エアバスとの交渉決着には時間がかかると想定され、ただちに経営難に陥る可能性は小さいとみられる。

 だが業界では以前から日米の大手航空会社がスカイマークへの出資に関心を持っているとの噂が取り沙汰され、エアバスとの関係悪化で経営体力が落ちれば、業界再編の標的になる可能性も否定できない。スカイマークは航空各社の垂涎(すいぜん)の的である羽田空港の発着枠を1日36往復持つだけに、傘下に収めれば規模拡大が見込める。

 スカイマークは割安な運賃で日本の航空業界に価格競争の旋風を巻き起こした“風雲児”。だが、安全運航上の問題で国土交通省から再三の厳重注意などを受け、「ミニスカCA(客室乗務員)」が物議を醸したことも記憶に新しい。

 西久保社長は「どんなに会社を縮小しようが、独立した形で今後も第3の航空会社として営んでいきたい」と語るが、その道は険しさを増している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。