日立、欧州高速鉄道に攻勢 3強の牙城崩せるか 中国も参入で競争激化 (3/4ページ)

2014.11.14 05:40

日立製作所が初公開した英国向け高速鉄道車両=山口県下松市の同社笠戸事業所

日立製作所が初公開した英国向け高速鉄道車両=山口県下松市の同社笠戸事業所【拡大】

  • 日立製作所が初公開した英国向け高速鉄道車両の客室(左)=山口県下松市の同社笠戸事業所

 英国では、2005年に「Class395」と呼ぶ高速車両を受注したのを皮切りに、IEPの車両製造から運営までを請け負うプロジェクトを約1兆円で受注。車両数だけでも計約1000両を既に受注しており、出足は好調だ。

 ただ、欧州の鉄道車両市場は独シーメンスやカナダのボンバルディア、仏アルストムの3強に加え、中国の車両メーカーも参入に動いており、競争が激化している。こうした中で日立は、IEPへの車両納入を終える18年以降もコストを抑えながら英工場の稼働率を維持するには、欧州で新たな受注を確保する必要があるなど課題は多い。

 日立の鉄道事業の売上高は14年3月期で1682億円と、グループ全体の売上高約9兆6000億円の2%にも満たない。早急に「グローバルでの存在感を高めていく」(ドーマー・グローバルCEO)必要もある。

「早期に3強に追いつきたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。