陸自隊員の“静かなる誇り” 「プロ中のプロ」命がけの不発弾処理 (7/8ページ)

2015.5.31 07:07

不発弾の信管を取り外す作業をする陸上自衛隊中部方面後方支援隊第103不発弾処理隊(陸上自衛隊提供)

不発弾の信管を取り外す作業をする陸上自衛隊中部方面後方支援隊第103不発弾処理隊(陸上自衛隊提供)【拡大】

  • 信管を取り除き安全化された不発弾をつり上げる=5月9日、大阪市浪速区(陸上自衛隊提供)
  • 取り除かれた信管(左)と弾底の信管(陸上自衛隊提供)
  • 3月16日に大阪市浪速区の工事現場で発見された不発弾(陸上自衛隊提供)
  • 陸上自衛隊桂駐屯地で展示されている2000ポンド爆弾の模型(陸上自衛隊提供)
  • 5月9日の不発弾処理で立ち入りが禁止された区域

 新幹線が止まった

 本田班長によると、第103不発弾処理隊は昨年度、住民避難を伴う不発弾処理を2件実施した。

 このうち、神戸市兵庫区の現場では、信管周辺にゆがみなどがあって作業が難航。最終的には信管周辺を弾殻ごと切断するなど作業に約6時間半かかり、周辺の半径200メートルは約8時間立ち入り禁止を余儀なくされた。

 また、別の不発弾処理隊の担当エリアだが、新幹線が止まった例もある。24年10月に浜松市中区のJR東海浜松工場敷地内で見つかった不発弾の処理(25年2月)では、一部区間が避難区域内にかかった東海道新幹線浜松-豊橋間の上下線計32本が一時運転を見合わせ最大約1時間遅れ、乗客約1万4千人に影響した。

 笑顔なく…「任務はまだ途中」

 浪速区の現場では、作業が順調に進み、開始から約1時間20分後の午前9時20分、2つの信管の取り外しが無事終わった。

 対策本部長の浪速区長らが現地を確認した上で、9時36分に「安全化宣言」が出された。住民避難や交通規制も解除され、街は普段の休日の朝の姿に戻った。

宣言後、処理現場や不発弾、取り除いた信管が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。