サイトマップ RSS

【公示地価】地価下げ止まり 成長持続・地方波及がカギ (1/4ページ)

2014.3.19 10:25

公示地価で東京都内商業地上昇率1位となった東京都新宿区新宿3-30-11付近=2014年3月14日(小野淳一撮影)

公示地価で東京都内商業地上昇率1位となった東京都新宿区新宿3-30-11付近=2014年3月14日(小野淳一撮影)【拡大】

  • 【公示地価上位5地点】(単位:円、%)=2014年3月18日(国土交通省発表)、※2014年1月1日時点の公示地価。価格は1平方メートル当たり
  • 公示地価変動率の推移(2005年~2014年)=2014年3月18日(国土交通省発表)、※2014年1月1日時点の公示地価。価格は1平方メートル当たり

 2014年の公示地価は3大都市圏が6年ぶりに上昇、全国平均も下落幅が大幅に縮小した。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復が、期待感から実感を伴う形になりつつある姿が浮き彫りになった。今後は成長を持続するとともに、地方に波及させることが課題になる。さらに一部で再来が懸念される不動産バブルの防止もカギを握りそうだ。

 3大都市圏の中でも上昇が際立つのが東京圏と名古屋圏だ。ともに企業の業績好転が地価を支えている。

 東京・丸の内のオフィスビルでは、昨年(2013年)後半から入居の相談が相次ぐ。「便利でステータスの高い場所に移りたい」との要望が増えており、運営する三菱地所は一部で賃料の引き上げに踏み切った。帝国ホテル(東京都千代田区)では今年に入り、法人中心の宴会需要が前年比10%増のプラスに転じた。

 東京都の商業地は平均2.3%の上昇と、都道府県では全国1位の上げ幅だ。都心部のオフィスの平均空室率は、2月で7%と8カ月連続で低下した。

 名古屋はトヨタ自動車と関連企業の業績が好調。名古屋駅周辺の再開発や今秋めどに着工予定のリニア新幹線への期待から付近の地価を10.1%押し上げた。

きっかけの一つは消費増税前の駆け込み需要

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ