サイトマップ RSS

さまざまな解釈楽しむ151人の作品 「公募団体ベストセレクション 美術 2014」 (3/5ページ)

2014.5.12 15:30

日本水彩画会_茅野吉孝「陽光」2013年。水彩、紙(アートデザインセンター撮影、提供写真)

日本水彩画会_茅野吉孝「陽光」2013年。水彩、紙(アートデザインセンター撮影、提供写真)【拡大】

  • 新制作協会_金森宰司「ライフ『タピストリーのある部屋で』」2011年_油彩、カンバス(提供写真)
  • 国画会_多能三勢「風骨の森(BS-14)」2014年_油彩、カンバス(提供写真)
  • 二科会_黒川彰夫「余韻(エーゲ海)’13」2013年_油彩、カンバス(提供写真)
  • 自由美術協会_栗本浩二「陽光の前で」2014年_油彩、綿布、パネル(提供写真)

 人間の裏側を描く

 色と色とのハーモニーという点では、栗本浩二氏(45)=自由美術協会=の「陽光の前で」(洋画)も面白い。紫が赤に、黄色が緑にと、少しずつ変化する階調(グラデーション)が、不思議な世界を生み出す。「色の強さとエネルギーを残しながら、物語を表現したい」。この絵では、人間の知識の袋からしたたり落ちたものが、自然に影響を与えている姿を表現したかった。が、「鑑賞者のみなさんがいろいろな解釈をしてくれればうれしい」と、作品はあくまでも鑑賞者との関係で成立することも改めて指摘した。

 さまざまな解釈ができるのは、多納三勢氏(75)=国画会=「風骨の森(BS-14)」(洋画)もそうだ。いくつかの人体らしきものがうごめくように見えるが、形も数もはっきりしない。20代後半から、人間に興味を持ち描いてきた多納氏は、認知症の介護を描いた小説「恍惚(こうこつ)の人」(有吉佐和子著)や公害病「水俣病」など、社会問題に触発されてきた経験を持つ。描法や色づかいは年々変わってきたが、愛、神、死…。人間に関わるテーマを盛り込みながら、「人間という仮の姿の裏側にあるものを描きたい」と意欲的だ。

近寄っても味わえる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ