サイトマップ RSS

さまざまな解釈楽しむ151人の作品 「公募団体ベストセレクション 美術 2014」 (5/5ページ)

2014.5.12 15:30

日本水彩画会_茅野吉孝「陽光」2013年。水彩、紙(アートデザインセンター撮影、提供写真)

日本水彩画会_茅野吉孝「陽光」2013年。水彩、紙(アートデザインセンター撮影、提供写真)【拡大】

  • 新制作協会_金森宰司「ライフ『タピストリーのある部屋で』」2011年_油彩、カンバス(提供写真)
  • 国画会_多能三勢「風骨の森(BS-14)」2014年_油彩、カンバス(提供写真)
  • 二科会_黒川彰夫「余韻(エーゲ海)’13」2013年_油彩、カンバス(提供写真)
  • 自由美術協会_栗本浩二「陽光の前で」2014年_油彩、綿布、パネル(提供写真)

 アーティストトークは、(5月)18、24日にも午後1時から開かれる。

 1926年に開館以来、公募団体とともに歩んできた東京都美術館。各団体から選ばれた作品を一挙に展示する国内唯一の展覧会の見どころについて、下倉久美学芸員は「どんな公募団体があるかや、その団体の歴史、今の状況を知ってほしい。また、公募展出品の入り口になってもらえれば」と話した。(原圭介/SANKEI EXPRESS

 【ガイド】

 ■「公募団体 ベストコレクション 美術2014」 5月27日まで。東京都美術館(東京都台東区上野公園8の36)。5月19日は休み。一般1000円、(電)03・3823・6921。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ