サイトマップ RSS

ウクライナ東部2州 住民投票 「独立賛成」9割 攻勢強める親露派 (1/4ページ)

2014.5.13 08:45

ウクライナ・ドネツク州、ルガンスク州。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。

ウクライナ・ドネツク州、ルガンスク州。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。【拡大】

 ウクライナ東部の2州で親ロシア派勢力が行った「国家としての自立」を問う「住民投票」で、親ロシア派勢力は5月12日、ドネツク州では89%、ルガンスク州では96%が賛成票を投じたとする暫定集計結果を発表した。親露派は近く事実上の独立宣言を行う可能性があり、25日に予定される大統領選を前にウクライナ情勢はいっそう流動的となった。

 「人民共和国」を名乗る親露派勢力の担当幹部は、投票率がドネツク州で75%、ルガンスク州で81%だったことを明らかにした。確定集計は12日中にも発表される見通しだ。

 ウクライナ暫定政権のオレクサンドル・トゥルチノフ暫定大統領(50)は12日、投票は「大統領選の失敗と政権転覆」を狙いにロシアが発案したもので、「いかなる法的有効性もない」との声明を発表した。

 これに対し、ロシア大統領府は声明で「ドネツク、ルガンスク両州住民の意思表明に敬意をもって接する」との見解を示した。ただ、声明は「投票結果の実現は暴力でなく、首都キエフの代表者(暫定政権)との対話を通じて行うべきだ」と述べるにとどまっている。

投票は「共和国の自決権を確認するものだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ