サイトマップ RSS

ありふれた街にも命が満ちている 「日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。」著者 望月聖子さん (1/4ページ)

2015.1.25 17:05

自宅の一角が仕事場。ずらりと並んだ色鉛筆で四季を描く、イラストレーターの望月聖子(きよこ)さん=2015年1月13日(塩塚夢撮影)

自宅の一角が仕事場。ずらりと並んだ色鉛筆で四季を描く、イラストレーターの望月聖子(きよこ)さん=2015年1月13日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 今にも甘酸っぱい匂いがただよってきそう(「日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。」より、提供写真)
  • 「日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。」(望月聖子著/幻冬舎、1400円+税、提供写真)

 【本の話をしよう】

 四季の恵みに感謝して、365日を丁寧に生きる。『日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。』は、東京近郊で暮らすイラストレーターの望月聖子(きよこ)さん(70)が5年をかけて完成させたイラスト歳時記だ。色鉛筆で自然の豊かさを丁寧につづる一方、出版社の社長のもとに原稿を「持ち込み」、出版を実現させたというシンデレラガールでもある。

 70歳、まだまだ働ける!

 自宅の庭でとれた柚子(ゆず)をしぼって化粧水やジャムに。自家菜園にやってきた鳥や虫たちと語らい、愛犬とともに若草を踏んで遊ぶ-。1ページごとに、ゆったりとした暮らしが息づく。

 望月さんはデザイン事務所でイラストレーターとして活躍後、結婚。2人の子供を育てながら、絵画教室の講師などを務める。備忘録として日々の生活で気づいたことをイラストで描きとめてきた。「とても個人的な内容だから、本になるなんて全く思っていなかった」というが、ある日、「大ファン」という幻冬舎の見城徹社長の講演をブログで読み、「小さなことをしっかりかみしめて生きる」という言葉に、「もしかしたら分かってもらえるかも」と発奮。見城氏宛てに5年ほど書きためたスケッチを宅配便で送った。自身も愛犬家である見城氏が「犬の表情がすごくいい」と絶賛、すぐに担当編集者から連絡を受けたという。

表情豊かな生き物たち

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ