サイトマップ RSS

【アラスカの大地から】旧交温め合うひとときがうれしい (1/3ページ)

2015.4.13 07:00

ブルックス山脈最大の湖、シュレイダー湖。分厚い氷も白夜の日差しで融けてゆく=2014年7月5日、米アラスカ州(松本紀生さん撮影)

ブルックス山脈最大の湖、シュレイダー湖。分厚い氷も白夜の日差しで融けてゆく=2014年7月5日、米アラスカ州(松本紀生さん撮影)【拡大】

  • カリブーの進路は天候、風向き、天敵などに左右され、まったく予測がつかない=2013年6月28日、米アラスカ州(松本紀生さん撮影)
  • 巣穴からひょっこり顔を出したキツネの子供。初めて見る人間に何を思うのだろう=2014年6月29日、米アラスカ州(松本紀生さん撮影)
  • ツンドラにキャンプをはる。テントは”Bear_fence“(クマの柵)で取り囲む=2014年6月29日、米アラスカ州(松本紀生さん撮影)
  • 米アラスカ州のマッキンリー山(標高2万237フイート、6168.2メートル)=2013年9月12日現在

 セスナに差し込む日光が頬に心地いい。冬のそれと明らかに違うのは光に熱を感じることだ。眼下では荒涼としたブルックス山脈を覆う残雪が日差しを浴び、まぶしい輝きを所々で放っている。

 隣で操縦桿(かん)を握るカークとはもう8年の付き合いになる。春になると彼とこうして北極圏の最北端へ旅に出るのが恒例となっている。

 ブッシュパイロット-。標識ひとつないこの広大な土地の地理や天候を読み解き、小型機ひとつで駆け回る彼のような腕利きを、アラスカではこう称している。

 冬のマッキンリー山麓での出来事や日本の政治経済、今シーズンの撮影予定など、毎年同じような会話をしながらも、それが単なる時間つぶしではなく、旧交を温め合うひとときであることがうれしい。仕事上の付き合いだけでは終わらないのが、アラスカに集う人々の多くがもつ特徴である。そんな彼らの存在は、僕がこの地にひかれてやまない大きな要因のひとつである。

極北の空気を吸い込みカメラを構えた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ