サイトマップ RSS

シャネル・ネクサス・ホール「Alaska」マルク リブー写真展 京都に巡回 (3/5ページ)

2015.4.27 18:50

帯匠の古い蔵に白い空間がつくられ、極北の地に息づく人々の暮らしがつづられる=2015年4月17日(提供写真)

帯匠の古い蔵に白い空間がつくられ、極北の地に息づく人々の暮らしがつづられる=2015年4月17日(提供写真)【拡大】

  • 会場の黒蔵は宮大工の名棟梁が生んだ京町家の精華=2015年4月17日(提供写真)
  • 「KYOTOGRAHIE京都国際写真祭」共同代表の照明家の仲西佑介氏(左)とフランス出身で写真家のルシール・レイボーズ氏=2015年4月17日(提供写真)

 フェスティバルの共同代表で照明家の仲西祐介は、それぞれの展示に通底する精神をこう説明する。もう一人の共同代表でフランス出身の写真家、ルシール レイボーズも「さまざまな人がそれぞれの暮らしを営み、人間の可能性は大きく広げられ、豊かさと彩りが世界を満たしています。そこには違いがあり、それゆえに対立も起こりますが、それを乗り越えるために芸術が大きな役割を果たすのではないでしょうか」。

 2人は世界で最も歴史のある南仏のアルル国際写真祭を訪れ、日本でもアーティスト同士が情報を交換しあい、すべての人に向けて発信する本格的な国際写真祭が必要だと思い立った。2011年から京都に居を構え、市内を一つ一つ回り、一人一人に説明しながら大きな輪を作り上げてきた。

 仲西は「古いヨーロッパの都市と同じサイズで、世界を魅了し、古いものと新しいものが共存しながら文化や人の暮らしが息づく場所として、京都が最もふさわしいと考えました。写真を美術館から出し、自然や生活の中に置くことで、新たな意味がもたらされ、さまざまな感じ方が生まれると思います。古い寺社やいろいろな時代の建物を会場とし、作品と会場が一体となり、そのもの全体が作品となって、さらに大きな感動が生み出されればと願っています」と熱意を語る。

ヨシダ キミコ、山谷佑介、ロジャー バレン、榮榮

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ