サイトマップ RSS

シャネル・ネクサス・ホール「Alaska」マルク リブー写真展 京都に巡回 (4/5ページ)

2015.4.27 18:50

帯匠の古い蔵に白い空間がつくられ、極北の地に息づく人々の暮らしがつづられる=2015年4月17日(提供写真)

帯匠の古い蔵に白い空間がつくられ、極北の地に息づく人々の暮らしがつづられる=2015年4月17日(提供写真)【拡大】

  • 会場の黒蔵は宮大工の名棟梁が生んだ京町家の精華=2015年4月17日(提供写真)
  • 「KYOTOGRAHIE京都国際写真祭」共同代表の照明家の仲西佑介氏(左)とフランス出身で写真家のルシール・レイボーズ氏=2015年4月17日(提供写真)

 2013年に始まった写真祭は初回から14カ国から20のアーティストが参加。来場者は延べ5万7413人を記録した。共同代表2人の大いなる情熱の結実だが、シャネル・ネクサス・ホールは早くから強い共感を寄せ、第1回から参加している。二条城で行われた初回の展示は大型プリント作品を天井から吊(つ)り下げて写真と会場が一体となり、フェスティバルの精神をも高らかに示した。

 レイボーズは「テーマを決めると作家が手に手を取るように集まる。作品は空間とさまざまに響き合い、心と心をつないでいく」と目を細める。見る者の胸に忍び込むヨシダ キミコのセルフポートレートも、山谷佑介が深い黒に示す大阪のパンクやスケーターも、町家の中で輝きを強くする。ロジャー バレンが描いた南アフリカの日常は時空を超えて人間の真実を突きつけ、中国写真界の先駆者、榮榮(ロンロン)と日本女性の映里(インリ)がつづる山里の情景は古刹(こさつ)の中庭に静かな息遣いを刻むなど、多様な世界が待ち受けている。

 =敬称略(文:谷口康雄/撮影:フォトグラファー 高嶋克郎/SANKEI EXPRESS

ガイド:「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ