サイトマップ RSS

知床のシャチ スパイホップでしっかり人間観察 (1/4ページ)

2015.6.15 17:00

目の前に浮上し、こちらを観察するシャチ。知床半島羅臼沖。奥は知床岳=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)

目の前に浮上し、こちらを観察するシャチ。知床半島羅臼沖。奥は知床岳=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)【拡大】

  • 水中を泳ぐシャチは優雅で力強い。さまざまな傷が残る体に初夏の陽光が注ぐ=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)
  • 波立つ羅臼沖を進むシャチの群れ。強風で白い噴気がたなびく=2015年5月31日、北海道(伊藤健次さん撮影)
  • シャチが尾びれで海面をたたくと大きな水しぶきが上がる=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)
  • 頭を輝かせて向かってくるシャチ=2015年5月29日、北海道(伊藤健次さん撮影)

 まるで水中からロケットが飛び出してきたようだった。

 知床半島羅臼沖。海面すれすれの船尾デッキに立ち、カメラを水中に入れて撮影を試みた時だ。目の前の海面に1頭のシャチがスーッと浮上してきた。白黒の小さな丸い口先が浮き上がるごとにみるみる膨らみ、やがて両手で抱えきれぬほど太い頭が海面を割って姿を現した。

 スパイホップ。シャチが海上に顔を出し、その目で外の様子を偵察する行動だ。

 思わずのけぞり見開いた僕の目と、妙に小さなシャチの目がパシッと合った。こちらが見ているだけではない。完全にシャチに“見られている”と思った。

 これまで何度もスパイホップをするシャチと遭遇してきたが、これほど近くで、シャチに観察されていると感じたのは初めてだった。

 「あなたは誰? そこで何しているの?」

 僕にはその視線がそう問いかけているように思えてならなかった。飛び切りの好奇心の持ち主は、しっかりとヒトを観察し、再び時間を巻き戻すように海に沈んでいった。

傷痕が勲章のように照らされていた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ