サイトマップ RSS

知床のシャチ スパイホップでしっかり人間観察 (2/4ページ)

2015.6.15 17:00

目の前に浮上し、こちらを観察するシャチ。知床半島羅臼沖。奥は知床岳=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)

目の前に浮上し、こちらを観察するシャチ。知床半島羅臼沖。奥は知床岳=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)【拡大】

  • 水中を泳ぐシャチは優雅で力強い。さまざまな傷が残る体に初夏の陽光が注ぐ=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)
  • 波立つ羅臼沖を進むシャチの群れ。強風で白い噴気がたなびく=2015年5月31日、北海道(伊藤健次さん撮影)
  • シャチが尾びれで海面をたたくと大きな水しぶきが上がる=2015年6月1日、北海道(伊藤健次さん撮影)
  • 頭を輝かせて向かってくるシャチ=2015年5月29日、北海道(伊藤健次さん撮影)

 ≪傷痕が勲章のように照らされていた≫

 その日は1年に1度あるかないかという、絶好のチャンスだった。前日の午後、知床連峰からの出し風で大波が立ち、激しい水しぶきをあげて帰港した。幸い昼すぎに波は収まり、空は快晴。沖に出ると、澄んだ空気のかなたで、山の新緑と残雪が鮮やかなコントラストを描いている。

 初夏の羅臼沖には多数のシャチが集まるが、この日現れた30頭ほどの中に、とてもフレンドリーな一群がいた。2頭の母子はじゃれ合い、他のシャチも船を嫌うことなく並走している。そして時折、白い噴気が船にかかるほど接近しては、その巨体で乗客を驚かせた。いつか来る。僕は浮き沈みする背びれに目をこらし、ひたすら船尾にシャチが寄る時を待った。

 知床が世界自然遺産に登録されて今年で10年。ちょうど登録の年からウオッチング船の運航が始まり、羅臼沖では約350頭ものシャチの個体識別が進んでいる。毎年その何割かの群れがこの海域に入ってくるが、どんな家族構成なのか、姿を見せない群れはどうしているのかなど、まだまだ謎は多い。

千載一遇の機会を見逃したり…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ