サイトマップ RSS

升田幸三の破天荒な野人将棋 なぜ名人に香車を引かせて勝ちたかったのか 松岡正剛 (2/4ページ)

2015.10.18 14:00

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 ふつう、名人が香車を引くことはあるが、名人に香車を引くということはありえない。そもそもプロ棋士の正規戦にはハンディキャップ戦がない。もしそういうことがあるとすれば、「一番手直り」の連続勝負が認められたときだけで、俗に「指しおろし」というものだ。升田はなんとこれをめがけて猛進した。

 が、木村にはあと一歩のところで負けた。こうして次の名人・大山康晴(やすはる)との悲願の対戦になる。大山は弟弟子にあたるのだが、何度戦っても連戦連敗だ。攻めの升田が守りの大山を崩せない。それが昭和31年正月の王将戦七番勝負で升田が連勝をして、ついに第4局で香落ちの升田が名人を破るという快挙となった。棋譜を掲載していた週刊朝日は「将棋四百年の大波乱」を報じた。

 升田には武勇伝がいろいろ伝わっている。痛快なのはGHQを煙に巻いた話だ。日本の庶民に剣道や将棋が親しまれて武士道が愛されているのは危険ではないかというので、升田もGHQに呼ばれたのだが、「おのれを磨くのが武士道だ」と切り返し、将棋が取った駒を使うのは捕虜虐待ではないかと言ういちゃもんに対しては、「チェスのように取った駒を使わないほうが虐待だ。相手の能力を尊重しているのが日本の将棋だ」と論破した。そしてこう言ってのけたのである。「敵から駒を取っても金は金、飛車は飛車として元の役職のまま使う。あのね、これこそがニッポンの本当の民主主義なんだ」。

斬新頑固な将棋打ち

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ