サイトマップ RSS

歌を忘れたカナリヤは後ろの山に捨てましょうか 鈴木三重吉が大正昭和の童謡に込めた日本の哀切 松岡正剛 (1/4ページ)

2015.11.22 13:30

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 広島に生まれた鈴木三重吉は東京帝大の英文科で漱石の講義を受けて感化されたものの、病弱で休学せざるをえなかった。その後『千鳥』を創作して漱石に送ったところ、虚子も認めるところとなって「ホトトギス」に掲載された。だから三重吉はその後も短編小説を書いていたのだが、広島で学校教師をしているうちに、ある疑問にぶつかった。いったい日本の子供たちは国が定める小学校唱歌や童話や昔話を歌ったり読んだりしているだけでいいのかという、とても大きな疑問だ。

 大正6年(1917)、三重吉は『世界童話集』の刊行を開始すると、翌年には雑誌「赤い鳥」を創刊した。芥川、白秋、徳田秋声、西条八十、谷崎、三木露風など多くの若い作家や詩人が呼応した。「赤い鳥」巻頭にはこんな標榜語が掲げられている。「われわれ日本人は西洋人と違って、哀れにもほとんど未だ嘗て、子供のために純粋な読み物を授ける、真の芸術家の存在を誇り得た例がない」。

 ぼくは三重吉の「赤い鳥」運動をそうとう大きく評価してきた。とくに成田為三らの譜面とともに掲載された八十「かなりや」や白秋「からたちの花」などの童謡が日本近代にもたらしたものは、他の何物にも代えがたいほどかけがえのないものだった。とりわけぼくが注目したのは、それらの童謡には「悲しみ」「寂しさ」「失ったもの」が歌われていたことだ。

「赤い鳥」とは何だったかを知ること

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ