サイトマップ RSS

本と服と体と声が交錯した舞台『影向』 田中泯・宮沢りえ・石原淋・松岡正剛・山本耀司の友情実験 松岡正剛 (1/3ページ)

2015.12.3 15:00

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 10月末の2日間、渋谷パルコ劇場の『影向』(ようごう)にかかわった。ぼくが構成台本を書いて田中泯が演出振付けをし、宮沢りえ・泯・石原淋・松岡・山本耀司が舞台に立った。「フレイジーダンス」と銘打ったが、中身はこれまで誰も見たことがないもの、聞いたことがないもの、感じたことがないものにした。両日、超満員だった。

 舞台には薄墨色の大きな和紙が何枚も垂れ、100冊ほどの本が無造作に積まれている。基本哲学はこうだ。(1)セリフはない。本から言葉が体に入って出ていく。(2)全員がヨウジの服を体で受けて着脱する。(3)言葉が踊り、体が語る。(4)「素なるもの」が劇場に染まって脱色される。(5)みんな「難民」なのである。(6)どこかに「遠い父/遅い母」がいる。(7)陽水の歌、ハープシコード、音響、マルチノフのピアノはしばしば客を襲う。(8)ふいに「今日」の日常が顔を見せて会話する。

宮沢りえ 哀切極まるフラジャイルダンス

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ