SankeiBiz for mobile

【ウクライナ情勢】早期停戦困難 東部混乱、露に有利

 ウクライナ国防省は6月14日、東部ルガンスクの空港近くで14日未明、政権部隊の兵員を乗せた大型輸送機イリューシン76が、親ロシア派武装勢力に撃墜されたと発表した。ウクライナ検察庁によると、操縦士ら9人と兵員40人の計49人が搭乗していたが全員が死亡。ロシア通信が報じた。これまでの東部の戦闘で最多の犠牲者となった。

 政権側は14日朝からルガンスク周辺で武装勢力の拠点を集中的に砲撃した。7日に就任したウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領(48)は、1週間程度での停戦を目指す意向を示していたが、早期停戦は困難な情勢とみられる。

 ルガンスク一帯は親ロシア派武装勢力「ルガンスク人民共和国」が実効支配しているが、空港は政権側が掌握。武装勢力は小型の高射砲や機関砲で着陸体勢に入った輸送機を攻撃した。拠点の周囲を統制できていない政権側の弱みが露呈した。

 輸送機は、交代の兵員や装備、弾薬、食料を積載していた。輸送機には160人以上の人員が搭乗できる。

 ウクライナ東部では今月(6月)6日にも、親ロシア派の拠点都市スラビャンスクで政権側の輸送機が撃墜され3人が死亡、2人が行方不明となっている。

 ≪早期停戦困難 東部混乱、露に有利≫

 ウクライナ東部での親ロシア派武装勢力と政権部隊との早期停戦に、暗雲が垂れ込めている。ポロシェンコ大統領は1週間程度での停戦実現を目指してロシアと交渉を始めたが、解決策は見えずに戦闘は激化。混乱はロシアのウラジーミル・プーチン大統領(61)に有利に働いているとも言われ、専門家の間では「プーチン氏に領土拡大の野心がある限り、停戦は不可能」との悲観論が高まっている。

 モスクワの指示明白

 ポロシェンコ氏は就任翌日の6月8日には、ロシアとの交渉を開始。「共通理解に達した」との声明を発表したが、状況沈静化の気配はない。ロシアから東部に戦車が侵入したほか、政権側の輸送機が親露派に撃墜された。

 「戦車はウクライナの反応を試すために侵入した。次はもっと多く入ってくるだろう」。首都キエフの軍事評論家、オレグ・ソースキン氏はこう分析。「モスクワの指示による行動なのは明白」と言う。

 交渉開始直後に侵入したのは、主導権がロシアにある現実を示す。ロシア経済は好調ではないが、クリミアの編入でプーチン氏の国内での人気は上昇。一方のウクライナは多額の戦費と犠牲者の増大に直面している。

 武力衝突に発展も

 「プーチン氏が停戦を命じれば、武装勢力も応じるはず」とソースキン氏。だが、ロシア側に停戦を急ぐそぶりはない。

 政治シンクタンク代表のビタリー・バラ氏は「クリミアから目をそらすため、ロシアは東部の混乱を長引かせている」とみる。長引く戦闘と経済の停滞は、欧州連合(EU)加盟を遠のかせる。「それがプーチン氏の利益そのもの。彼がいる限り、ロシアとの交渉は不可能だ」

 ソースキン氏も停戦は不可能とし、武力衝突に発展する恐れすらあると指摘する。「ポロシェンコはトンネルの中にいる。EUを目指す国民が後ろから見つめ、左右に出口はない。プーチンのいる前に進むしかないが、どうやって平和的に交渉できるというのか」と頭を抱えた。

 ≪ガス供給問題で協議再開≫

 ウクライナへのロシア産天然ガス供給問題をめぐる両国の協議が6月14日、ウクライナの首都キエフで開かれる。ロシア政府系ガスプロムがロシアのメディアに明らかにした。ウクライナを通してロシア産ガスの供給を受けるEUも参加。

 ガスプロムのスポークスマンは「妥協の用意はあるが、われわれに圧力をかけようとしても無意味だ」と強調した。

 ロシアとウクライナはEUを交えてガス価格やウクライナの滞納ガス代に関して協議してきたが、一致点を見いだせていない。ガスプロムは16日までにウクライナから滞納ガス代の一部、約19億5000万ドル(約1990億円)の支払いがなければ供給を停止する構えを見せている。(共同/SANKEI EXPRESS

ランキング