問題2月発覚も「公表控えるよう要請」と田中社長明かす 東芝株主総会 (1/2ページ)

2015.6.25 12:10

不適切会計問題を抱える東芝が株主総会を開催した=25日午前、東京都墨田区の国技館(宮崎瑞穂撮影)

不適切会計問題を抱える東芝が株主総会を開催した=25日午前、東京都墨田区の国技館(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

  • 不適切会計問題を抱える東芝が株主総会を開催した=25日午前、東京都墨田区の国技館(宮崎瑞穂撮影)
  • 東芝の定時株主総会の会場に向かう株主=25日午前、東京都墨田区の両国国技館
  • 不適切会計問題を抱える東芝が株主総会を開催した=25日午前、東京都墨田区の国技館(宮崎瑞穂撮影)

 不適切会計問題で揺れる東芝の株主総会が25日、東京都墨田区の両国国技館で開かれた。田中久雄社長は株主に陳謝し、問題の経緯を報告した。問題発覚が今年2月12日で、最初に公表した4月3日まで2カ月近くかかっていたことを明らかにし、田中社長は「(当局から)公表を控えるように要請されていた」と釈明した。再発防止に向け、社外取締役の増員などの企業統治(コーポレート・ガバナンス)強化を検討していることを強調した。

 田中社長は総会の冒頭、問題の調査のため、平成27年3月期決算を発表できていないこと、業績予想を未定としたこと、3月末時点の株主への配当を無配としたことについて「心から深くおわび申し上げる」と会場に集まった株主に対して謝罪した。壇上に並んだ役員も同時に頭を下げた。

 また、2月12日に証券取引等監視委員会から報告命令を受けていたことが発覚の契機だったと公表した。3月下旬には調査を必要とする事項が判明していたと言う。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。