ガンホー、パズドラ配信後初の減収減益 スマホゲーム市場は転換点 (1/2ページ)

2016.2.3 06:36

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントが2日発表した2015年12月期連結決算は、12年2月の人気ゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の配信開始以来、初めての減収減益となった。ガンホーの“失速”は、急成長を続けてきたスマートフォン向けゲーム市場が転換点を迎えたことを示しているといえそうだ。

 ガンホーの15年12月期の売上高は前期比10.8%減の1543億円、営業利益は23.2%減の724億円、最終利益は30.0%減の434億円。16年12月期の業績予想は「短期的な事業環境の変化が激しい」などとして開示していない。ガンホーはパズドラの成功で売上高が約18倍に膨らむなど急成長を遂げた。13年には一時、時価総額が任天堂を上回った。パズドラは先月26日、国内累計4000万ダウンロードを達成。スマホ2台に1台を超える計算になる。

「2年以上続くタイトルはひと握り。飽和して厳しい市場になった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。