日立、エレベーター停止階の重複軽減 出勤時間帯の待ち時間緩和

2016.2.9 07:15

 日立製作所と日立ビルシステム(東京都千代田区)は8日、出勤時間帯のエレベーターの待ち時間を30%緩和するシステム「エフアイビー」を発売したと発表した。新システムはエレベーター内ではなく、エントランスに設置したタッチパネルやキーパッドに行き先階を指定することで停止階の重複を軽減する。

 これまで日立は複数のエレベーターが稼働するビル向けに運行状況を予測しながら、時間的に等間隔で制御するシステムを販売してきた。新たに開発したシステムはエントランスで行き先階を指定することで、同じ階に行く利用者を同じエレベーターに集め、停止階の重複をなくした。同社によれば、24人乗りの6台のエレベーターを併設するビルで運行試験を行ったところ、待ち時間が約30%低減できたという。価格は従来システムの2割増で販売する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。