ハルカス来館者、外国人観光客が追い風…開業2年、想定の3800万人上回る (1/2ページ)

2016.3.8 15:31

日本一高いビル「あべのハルカス」=大阪市阿倍野区

日本一高いビル「あべのハルカス」=大阪市阿倍野区【拡大】

 日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)が7日、全面開業から2年がたった。近鉄グループホールディングス(HD)は2年目の来館者数は3924万人で、想定の3800万人を上回ったと発表した。外国人観光客の増加が追い風となり、百貨店や展望台といった施設の集客が順調に推移した。

 1年目の来館者数は4273万人。2年目は開業効果の反動で10%程度の減少を想定していたが、影響は限定的だった。近鉄グループHDは「各施設とも計画通りの収益を確保できそうだ」としている。

 地上300メートルの展望台「ハルカス300」は、新たな観光スポットとして定着しつつある。2年目は180万人の来場を想定していたが、予想を上回る195万人が足を運んだ。外国人も増加傾向という。

 展望台は7日も大勢の観光客でにぎわった。子ども2人と訪れた大阪市の五藤恵さん(31)は、ハルカス近くの天王寺動物園や天王寺公園を含め「子ども連れで来やすい」と周辺エリアの魅力を語った。

外国人専用サロンを新設するなどの改装効果で客単価も向上

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。