モトローラも参戦 日本のSIMフリースマホ、海外勢の進出相次ぎ競争激化 (1/2ページ)

2016.7.14 06:43

モトローラ・モビリティの日本法人が発売するSIMフリー対応スマートフォン=13日、東京都港区
モトローラ・モビリティの日本法人が発売するSIMフリー対応スマートフォン=13日、東京都港区【拡大】

 パソコン(PC)メーカー世界最大手の中国レノボ・グループ(聯想集団)傘下の米スマートフォンメーカー、モトローラ・モビリティの日本法人は13日、同じ端末で利用者が通信会社を自由に選べる「SIMフリー」に対応したスマホの新製品「モト G4 プラス」(想定価格=税別3万5800円)を22日に発売すると発表した。拡大する日本のSIMフリースマホ市場に、海外メーカーの参入が相次ぎ、競争が激化している。

 通信機能が充実し、カメラ撮影などの利便性が向上。格安料金で通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)やインターネット通販会社に加え、販路を量販店にも拡大する。SIMフリースマホ市場の成長を追い風に、日本市場への進出を加速する。

 新製品は、SIMカードを2枚利用するデュアルSIM方式を採用。2回線を1台の端末で利用し、高速データ受信と通話が同時にできる。

中国・アジアメーカーの参入で、SIMフリー対応のスマホ市場は急速に拡大

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。